無添加食品

贈り物にいいサイト

無添加食品って?

無添加食品とは何でしょう?多くの方は「添加物の入っていない食品」で「安全、体によいもの」とお答えになるでしょう。
では、添加物って何でしょうか?
添加物とは、食品を工場で生産するときに形や味を保存、維持したり、栄養強化、おいしそうな見た目のために使用されるもの。具体的にいうと保存料や酸化防止剤、着色料、甘味料、香料などを言います。必ずしも化学物質とは限らず、自然の植物などから抽出した物も含みます。
今や食品に表示された成分表を見るとこれらの食品添加物が使用されていないものはありません。工場で製造するかぎり、どうしても使用せざるを得ないのです。ですから一般のスーパーなどで購入する場合、まず無添加食品はあり得ないでしょう。むしろ「無添加」とのみ書かれているものは何が無添加なのか確認したほうがよいでしょう。着色料は無添加でも保存料が使用してある場合やその逆もあるからです。
けれど添加物がすべて悪いのか?というとそういうことではありません。例えば歯によいといわれるキシリトール。これも添加物扱いです。バニラエッセンスやニンジンのカロテン色素なども同じ扱いです。
このように他の食品の成分を抽出して使用しているような場合もありますし、ソルビン酸など亜硫酸など食品衛生法に基づいて使用されており、指定添加物として安全性、有効性が厚生労働省によって認められている化学物質もあるのです。またこのような化学物質もかつてのように大量に使用されることはなく、ごくごく少量が使用されるようになっています。
無添加というだけでなんとなく安心せずに、何が無添加なのか確認するほうがよいでしょう。添加物があるならば、インターネットで調べると1日の摂取許容量を表示しているサイトなどもありますので、どの程度取れるのか、調べてみるのもよいでしょう。
現代の食生活では避けられない添加物、上手につきあっていきたいものですね。

添加物食品と無添加食品の比較

現在、食品の問題としてよくあげられるのが、食品添加物です。

添加物が入ったものを添加物食品とし、また、添加物を使用していないのものを無添加食品と
いいます。

食品添加物は、食品を製造や加工するうえで、保存したりするときに使用される物質です。
食品の形を作ったり、味や色、長持ちさせたり、栄養成分の強化などがあります。
甘味料、香料、着色料、保存料、酸化防止剤などが、よく見かけられます。

食品添加物は、「食品衛生法」により、主に次の四つに分類されています。
1、指定添加物
厚生労働省が、安全性と有効性を確認したもの
2、既存添加物
長期間にわたり、使用された実績で認められているもの
3、天然香料
植物や、動物を起源とするもの
4、一般飲食物添加物
通常、食品として使用されるものを添加物にしているもの

指定添加物以外の三つは、天然添加物と呼ばれています。

また、無添加と表示されている食品も多くみられますが、実際は、そうでないことも多いようです。
例えば、保存料無添加とあった場合、無添加なのは保存料なだけで、他の添加物は使用されていることが
あります。
無添加という表示だけでなく、一体、何が無添加なのかなど、よく確かめてから選ぶ必要があります。